妊活する女性

30代からの妊活〜早めに始めておこう

女性の体は加齢と共に少しずつ、変化していきます。

妊娠のことを考えた時に、30代はどのような時期に該当するのかと言うと、実はこれは、その年代の前半と後半とで大きく変わってきます。

前半であれば、女性ホルモンの分泌量や卵巣機能も充実しているので、比較的、妊娠しやすいと言えます。

しかし後半になってくると、女性ホルモンの分泌量は確実に減少していきますし、卵巣機能も衰えていきます。

こうなると、妊娠するための力は低い状態ですから、なかなか妊娠は難しいかもしれません。

ただしこれはあくまでも、一般的な女性の体の変化に基づいた考え方です。

ですから、すべての人に該当すると言うことではありません。

ただ30代の人で妊娠を考えている人は、可能であれば早めに妊活を始めた方がより妊娠しやすいのは確かなことです。

では妊活ではどのようなことを行えばいいのかと言うと、まず生理に関して悩みがある人は、それを解決することが一番です。

それにより女性ホルモンの分泌バランスや卵巣機能を正しく判断でき、妊娠を成功させるための有効策をとることができます。

それから基本的なことですが、体の冷えも厳禁です。

女性の場合、加齢と共に基礎代謝も低下していきますから、体が知らず知らずのうちに冷えてしまっている場合もあります。

体の冷えは血の巡りを悪くさせ、血の巡りが悪くなると妊娠はしづらくなりますから、意識して、徹底的に冷えを取り除くことが求められます。

そして妊活においては、なかなかうまくいかないことをストレスに感じてしまうかもしれません。

しかし、ストレスも妊娠を阻害する大きな要因です。

ですからパートナーと協力しながら、あまり根を詰め過ぎないように行うのも、30代の妊活においては必要なことです。


妊活をおすすめのブログを参考にする

結婚して子供がほしいと思ってもなかなかできない夫婦が増えています。

これを不妊といいますが、少子化を阻止する意味でも不妊の問題は社会で取り組んでいかなくてはいけなくなっています。

不妊の原因というのは一つではありませんがその理由の一つに晩婚化ということがいわれています。

一般的に女性は20代のうちが一番妊娠しやすいのですが、社会情勢もあって30代くらいまで働いている人がいることも要因です。

30代になって子供がほしいと思ったら、妊活のためになにをしたらいいのでしょうか?まずは自分の身体をしることです。

どんなに妊娠したいと願っても、自分の身体に問題があっては妊娠に至らないからです、ですからまずは産婦人科にいって子宮や卵巣、卵管の状態をしることが大切です。

また夫にもそのことを話して夫婦で妊活を目指していくことが必要です。

さらには自分一人で頑張っているというと、精神的に追い込まれてしまうことがあります。

ですから妊活をしているブログなどをみて参考にしていくことが必要です。

さらにはブログの仲間などをみつけて、情報交換をしていくのもいいでしょう。

おすすめの食事やサプリメントや体質改善のやり方など、自分がしらなかったやり方などのアドバイスをもらうこともあります。

なにより妊活をやっているのは自分だけではないのだと知ることが大切です。

共に励ましあったりしていくうちに、気持ちが落ち着いたりリラックスできることが必要です。


30代後半で子供が欲しければ妊活ブログを参考に

30代後半ともなると子供を作るには、ラストチャンスといった時期になってきます。

もちろん、現実的には40代になってからでも妊娠をして出産をしてる人も多くいますが、女性は歳を重ねれば重ねるほど妊娠をしづらくなり出産の際のリスクも高くなってきますから、30代後半ともなればリスクが許容できる範囲のギリギリという局面といえるでしょう。

そのため、このぐらいの年齢となって子供がほしいのであれば積極的に妊活をして場合によっては、自然妊娠を諦め人工妊娠を検討するというのもひとつの方法となります。

とにかくタイムリミットが迫ってきている時期だけに、できるだけのことは何でもしておきたいものですがそのような時に同じぐらいの年代の人の妊活ブログを参考にすると妊活の助けになります。

同年代の妊活ブログというのは、どのような年代であっても参考になるものですが特に急がなければならない人にとっては尚更役に立つものとなります。

同年代の人たちがどのような妊活をして、そして妊娠をしたのかということは妊活の方法に悩んだ時に役立てることができますし、他の年代にはない効果的なやり方が見つかることもあるので貴重な情報を手に入れることができます。

人工授精などの方法を選ぶ人もいますから、その際の成功率であったり費用の問題などを事細かく知ることができ参考にすることができますから同年代の妊活ブログは30代後半にとっては非常に貴重な情報源となります。


30代女性は妊娠率が下がるのか

卵巣で毎月作られる卵子の数には一生分の数がある程度決められていると言います。

したがって、毎月の排卵によってその先の卵子の数はどんどん減少していると考えられるというわけです。

年齢を重ねるごとに妊娠率が下がっていくのはこのためです。

近年の傾向では第一子の出産年齢の高齢化が見られ、ひと昔前とは違い30代で第一子の出産となる女性も増えました。

これは晩婚化の影響によるものが大きな理由となっていますが、20代は仕事ややりたいことに集中したいという思いや、現代の日本経済や教育の在り方に疑問を抱くことから結婚や出産に踏み切れないという背景も潜んでいます。

30代で結婚をする女性はまったく珍しいものではなくなりましたが、結婚をしたからといって誰しもが望み通りに妊娠・出産できるわけではありません。

仕事や趣味などをある程度やり遂げて、これからは育児に専念しようという人生設計をしていたとしても、自分が希望するタイミングで妊娠できるとは限らないのです。

卵子の質の低下についても例外ではありません。

もちろん個人差はありますが、30代の女性では20代の女性よりも妊娠率が下がることは事実です。

そのため第二子の不妊に悩まれている方もいらっしゃいます。

結婚や妊娠などはタイミングもあり、また一人でできることではありませんので、将来子どもを望むかたは妊娠率の低下なども考慮した上で人生設計をしていくべきだと言えるのではないでしょうか。

【参考サイト】葉酸は妊活スタート後にすぐ摂取しないといけない理由とは